Home4.社長の話題2.体験メモ › 時は流れる・・・これからどうなる・どうする?。

時は流れる・・・これからどうなる・どうする?。

私の作文・・・2017年12月13日〔水曜日〕。

  日本の終戦の半年後に生まれて、やがて72年になろうとしていますが、自分のつもり

は子供の頃と変わっていないところがあります。それも一部真実だと思います。しかし

世相、現実は想定外に変化しています。その事を自分に言い聞かせたい気持ちが

無意識にあるかもしれません。故郷は福井県を県境にする旧板取村の中心部に

ある上ヶ瀬です。そこへ村瀬君と一緒に自転車で行きました。

道中思い出に浸り、今は時の流れと変化を思い起こします。これからはそれを活用

しなければなりません。小学校一年生の時は、民家のような校舎と肉親のような

校長先生夫妻・古田先生にお世話になりました。その頃、校舎が新築され、全校

生徒でお手伝いをしました。大人達もみんな家族でした。校舎は今、公民館で、

校庭はテニスコートです。子供がいっぱいいたはずの村は静かです。

朝7:00出発~8:30ファミリーパークの近くでコーヒー休憩~桜橋~武芸川沿いに

~美山トンネルへ・長い坂だけど、想像より容易だった~それより、洞戸の手前の峠

(みぞれ坂?)がきつかった~船越通過(夏に岐阜から歩いた時に此処でギブアップ

した所)~洞戸の旧バス通りを走り抜けて~高賀神社~11:30・板取白谷・モネの

池でコーヒー休憩~墓参り・古屋敷・川見物・生家へ~姉様の手料理をご馳走に

なって~1:30岐阜にまっしぐら(午前中は天気も良くて景色も最高でしたが、怪しく

なってきた)~帰り道は下りが多くて快調でしたが、みぞれ坂だけは無理せずに歩いて

登る~途中懐かしい佐野坂を走った。16歳で高校受験の模擬試験に岐阜まで

バスで通った道。10歳の時、初めて母親と婦人会の旅行で東山動物園まで行った

事。くねくねした長い坂はいつもバス酔いした事等々。もう一つ、一生感謝して忘れ

られない母親の愛と精神がある。高校二年の冬休みの終わる日の夕方4時ころ、

帰省していた自分たちはバス停で岐阜に向かうバスを待っていた。少し前に降り始めた

雪が積もり始めた。案の定、バスは定刻に来ないので、学校をサボる口実ができた。

家に戻って居たら、頑固な母親が歩いて行けと言う、何故か、母親に腹を立てながら

1時間も歩いたら、スリップしていたバスに追いついてしまった。それから2時間バスは

ノンストップで岐阜まで走った。その事で私は今でも、これからも母親に感謝をし、

尊敬をする。と同時に神様か先祖か守護霊か、そんな存在を思わざるを得ない。

正直に生きる。間違った事には妥協しない。

これからどうする・・・正直に生きるしかない。

追加・・・10歳の頃、学校から帰ると、山を越えて谷川へ魚を捕りに入った。ある時、

最高に大きなアマゴを命がけで捕まえた。物差しで測ると44センチだった。母親に

焼いてもらったら、皮が剥がれた。「もっと上手に焼け」と言って、泣いて怒った。

その時の母親の事は解らない。やんちゃな子供だったなら仕方ないけど・・・。

今の子供も母親も、いろんな思い出を刻んでいくだろうけど・・・。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

img033img034

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ✇ これからどうする?・・・。信用したくてもできない、でも信用したい・・・事。

・政治・行政・政治家・金融・人間・法律・憲法・歴史・記録・マスコミ・知識などなど・・・。

自分次第って事、自分でしか出来ないから、信用できる自分を知る事、自分自身に不可能はない。

不安、不信、怖れ・・・って、信用してはいけない事を信じて、あてにしたから・・・自業自得って事?

まともなら愉しいはず、愉しければ健康なはず、健全ならば仲良くできるはず・・・逆もまた真なり。

離れて遠い夜の空、月や星空が美しい。遠景の山並みも絶景です。近くに見ても良いものは良い。

美しい事、愉しい事、美味しい事、気持ち良い事などは信用したいです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・信じるべきは心の芯と自然界・・・かな。

img035

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Comments are closed.