Home5.新聞のスクラップ › ☆情報・新聞記事、ブログ、ツイッター、新旧約聖書から。

☆情報・新聞記事、ブログ、ツイッター、新旧約聖書から。

2019年2月1日マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ

あなたは一つの光です。
あなたの力は強大です。
あなたは愛であり、全てです。

どうか、今降参/諦める事はしないでください。私たちは、みなさんにご自分の中の

自分を招集して、最後の一周に備えてくださいとお願いさせて頂く為にここにいます。

ブロッサム:何度も言うようですが、ゴールテープは2012年の時点で見えている、

あと少しだと言われましたけどね。

光の銀河連合:ブロッサム、そして地球の内外に光を広げる為に頑張ってくれている

地球の魂たち、どうか、自分の全部「分かっている」という感覚を持ち続けてくださ

い。変化は来ているし、それはあなたが思っているよりも早く来ますから。

光の銀河連合:このやり取りを読み終えて下さったみなさん…どうか今少し時間を取

ってゆっくり呼吸をする事で私たちと繋がり、私たちと笑顔を交わしてください…

私たちが愛と光と力を持って隣にいると知りながら。

ブロッサムより一言:ありがたい事に、このチャネリングメッセージは様々なサイトに

拡散されているのですが、中には私のニュースレターを受け取っていない読者の方も

いらっしゃるかと思うので、お知らせです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

これは 2030年からの社会について書かれた予測書というようなもので、冒頭に抜粋

したのは、その中の「麻薬の合法化」というセクションの概要です。この中の、

娯楽と共に、麻薬が次々と合法化され、多くの人々は生活の中の逃避先と

して麻薬に没頭する。すでに、アメリカではオピオイドというカテゴリーの麻薬に

より大変なことになっていることは、2年くらい前から以下のような記事で取りあげて

いたことがありました。アメリカ当局は「モルヒネの1000倍強力な鎮痛剤」を承認

する。2017年に初めて、薬物の過剰摂取の順位が自動車事故を上回った。

ちなみに、この「フェンタニル」というのは、病院で処方される合法の鎮痛剤ですが、

日本緩和医療学会のウェブサイトによれば、フェンタニルの鎮痛作用は「モルヒネの

約 50倍から100倍」という強烈なものです。これはアメリカでも日本でも、違法

ドラッグではなく、「病院から処方される薬」です。今のアメリカでは、毎日 200人

ほどの人たちが、このフェンタニルの過剰摂取で命を落としていることになります。
 
フォーブスの記事で驚いたのは、
・6人に 1人のアメリカ人が心臓疾患
・がん/7人に1人
・自殺/88人に1人
・オピオイド過剰摂取/96人に1人
・自動車事故/103人に1人
・銃撃/285人に1人
・銃の誤射/8527人に1人
・鋭器による事故/2万8000人に1人
・自然災害/3万1394人に1人

「オピオイド = 地獄」という構図だと。 以前、こちらの記事で、これらの薬の原料と

なるケシは、「開いてはいけないパンドラの箱だった」と書いたことがありますが、

もう箱は開きっぱなしになっていて、閉じることがないままです。
img005img005img028

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月6日 悪の根幹 ユダヤ教のハシド派(超正統派)の犯罪。

世界を支配している金融や企業の上にあるのがユダヤのカルト組織(カバラ)であり

マフィアでしょうね。彼らは政府をも支配しています。悪魔と繋がっているカルト組織

独自の闇ネットワークを介して様々な犯罪を行っています。こういう人たちが独自

の特権を使って社会を牛耳っているのですから正直者はバカを見るというが本当の

世の中だということです。

アメリカはハシド派に支配されていますが、日本は在日族に支配されてきました。

人種は違いますが、支配の構図は同じです。やはり、悪魔に好かれる人たち(サイ

コパスや人格障害者)が実権を握りやすいのがこの世です。彼らは人数的には

それほど多くないのに、法的に問われることなく悍ましい犯罪を繰り返しています。

2月5日付。ニューヨーク市在住のユダヤ教ハシド派の悍ましい犯罪が暴露されました。

世界には、約55万人のカバラ信奉者のハシド派ユダヤ人がいますが、そのうちの15万人

ニューヨーク市内に住んでいます。彼らは、各世帯平均で10人の子どもがおり、

そのうちの5割は貧困ライン以下の生活をしています。ハシドは敬虔なと言う意味が

ありますが、実際は彼らの宗教は本物の宗教ではなく偽物です。

テッド・パイク氏によると、彼らはユダヤ教のお面をかぶった犯罪集団であり、様々な

犯罪活動(麻薬密売、小児性愛犯罪、臓器密売、他)に関与しています。

彼らが恐ろしいところは、彼らは途方もない権力を持っており、聖書の予言を実現する

ために核戦争まで企てようとしていることです。そして、

トランプ大統領の娘のイバンカと夫のクシュナーはこのハシド派に属しています。

もちろん、大金持ちのカバラ信奉者であるロスチャイルドらも彼らを支援しています。

一般的に言って、ハシド派のユダヤ人はお高くとまっておりよそよそしい態度をとって

います。彼らはキリスト教徒や非ユダヤ人とは視線を合わせず挨拶もしません。

彼らは一般人をゴイム(人間以下)として扱い、ゴイムは神がユダヤ人のために創った

奴隷であると考えています。彼らは非ユダヤ人の法律、規約、税制度に従う必要がない

考えています。ブルックリンは裕福なハシド派ユダヤ人地主やハシド派のデベロッパ

ーによって買収され新たなマンハッタンとして機能するように都市計画されています。

彼らの間で贈収賄は日常茶飯事であり、一般のハシド派、彼らの宗教指導者ら(ラビ)

、州議会議員らは、連邦政府を陰で操っており特権を得ています。

ハシド派のユダヤ人らは政府から住宅補助を受け、10階建ての集合住宅の殆どが彼らで

埋まっています。一方、貧困に苦しむ多くのキリスト教徒や非ユダヤ人らは安い家賃の

住宅が見つかるまでずっと待機しています。やっと家賃の安い賃貸物件が見つかって

も、非ユダヤ人らはユダヤ人ディベロッパーに開発目的で追い出されてしまいます。

ハシド派の殆どが大家族を抱えており、納税者の支援によりフードスタンプをもらって

生活しています。ハシド派の大家族の主は一切働いておらず自分をラビと名乗り自宅

は祈りの場或いはユダヤ人のコミュニティセンターであるとし納税もしていません、

ハシド派のユダヤ人は軍隊に入隊しません。イスラエルとの二重国籍を持っています。

納税者の支援により、彼らはタルムード(カバラ主義)の教育を40歳以降でも無料で

受けることができます。彼らの多くが、ユダヤ人街(金、ダイヤモンド、服飾品を主に

扱う地区)の闇市で大儲けをしています。彼らがどこから収入を得ているのかなど

お金の流れを追跡することは不可能です。多くのハシド派ユダヤ人は貧困に苦しんで

いるように見えますがユダヤ人コミュニティはマネーロンダリングが横行している地区

でもあります。ハシド派は自分たちの学校建設や授業補助、他の様々な支援の

ために州政府や連邦政府から継続的に数百万ドルもの補助金を受け取っています。

ハシド派の指導者らは次々に偽のチャリティを考案し実践したり、偽の教育プログラム

などを作り出すことで政府から巨額の補助金を受け取っています。

皮肉にも、彼らは小児性愛犯罪に対する教育を自分たちの生徒らに施すために政府から

補助金をもらっていますが、彼らこそが小児性愛犯罪に最も深く手を染めつつそれでも

法的に最も保護されている人たちなのです。彼らが実践する偽のチャリティ(非ユダヤ

人から寄付金を搾取)の一環として、ユダヤ人の子供たちを助けるために車を寄付し

てほしいと訴えていたケースがありました。。2009年には、19人のラビとハシド派の

ユダヤ人が国際マネーロンダリング・ネットワークを介して、ハシド派の偽チャリティ

で不正に得た数千万ドルもの寄付金をマネーロンダリングしたとして逮捕、起訴

されました。彼らは何十年も前から偽チャリティを介して非ユダヤ人らからお金を

騙しとり、そのお金をマネーロンダリングしてきたのです。ハシド派のラビらは様々な

ペテンを行ってきましたが、彼らはお互いを擁護し合い、絶対に訴追されないよう

法的に自衛しています。彼らはタルムードに従わなければならず、ユダヤ教徒は

非ユダヤ人の法廷で証言することはできないと主張します。

ニューヨーク市のハシド派コミュニティ(Kiryas Joel)の住民が実質的にモンローとい

町を所有しています。彼らの90%が、政府の大規模ハイテク詐欺でメディケイド

(低所得者向け医療補助制度)の対象となっています。昨年秋に、ハシド派の男が、

銀行、保険会社、政府を騙し何百万ドルものお金を受け取ったとして起訴されました。

ハシド派の策略の一つに不正選挙が含まれます。ニューヨーク市内の300万人の非

ユダヤ人は投票に行きません。ハシド派は組織票として投票し、時には2度も投票所

に行き投票します。ハシド派の候補者が必ず当選するようにします。

彼らのぺテンが成功している理由は、反ユダヤの攻撃から保護されなければならない

という立場を利用しているからです。そのため彼らはテロの攻撃から保護されるべきと

して国土安全保障省が使う予算の殆どが彼らに投入されています。

今年のユダヤ人に対する補助金は960万ドルにも及びます。

ハシド派は非ユダヤ人で構成されていない彼ら独自の治安部隊で守られるという特権を

得ています。彼らはイスラエル製のパトカー、救急車、監視カメラを使っています。

また、防弾チョッキも政府から供給されています。

彼らは独自の警察組織(Shomrim 重武装組織)を所有しており、非ユダヤ人に

対する暴力行為を行い始めています。

彼らは武器を所持していないと言っているメディアは信じないでください。

ハシド派(特に若い世代)の犯罪には麻薬密売が含まれます。彼らは大量のエクスタシ

をイスラエルからユダヤ人のダイヤモンド取引経路を介してアメリカに密輸してい

ます。ニューヨークや東海岸地域で、ハシド派はアイビーリーグの大学の学生らに

エクスタシーやコカインを1錠50ドルで押し売りしています。。英米の薬物摘発

当局によると、ニューヨークのハシド派はコロンビアのコカイン密輸組織のためにマネ

ロンダリングサービスを行っていたことが明かになりました。モントリオールでは

ハシド派の麻薬密輸者(女)がバスに乗車するのを拒否したため、検査の結果、

エクスタシーが大量に詰まったスーツケースを所持していたことが分かりました。

さらにハシド派は違法な臓器摘出・密売にも深く関与しています。米政府は、ハシド派

イスラエル政府と共謀し、コソボ、コスタリカ、イスラエルなどで犠牲となった人

の遺体から臓器を摘出し密売(腎臓1つが1万ドル以上)していることを暴露し

ました。 ハシド派のラビや教師らによる悍ましい小児性愛犯罪が明かになっています。

彼らはハシド派の学校で生徒らに対する小児性愛犯罪を繰り返しています。

しかしハシド派のリーダーらは彼らの小児性愛犯罪は非ユダヤ人の法廷では裁かれるべ

ではないと主張しています。大勢のハシド派や他のユダヤ系の子供たちがハシド派の

小児性愛犯罪者の被害にあっています。しかしハシド派の小児性愛犯罪者らは子供たち

を自由に強姦できる特権を持っています。子供たちは一切保護されていません。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

img021

img023img007

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

不二家の一元の客の話
ヨシオ:神さんを外の世界に求めてあちこち探し回っても、結局神さんを見つけることは出来ないんや。

自分の内に神さんがおられる事に気付くまで。それが昨日、ポニョが言った二元論から、

条件付き一元論への道なんや。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 PFC JAPAN‏ @PFCJAPAN1

2019年2月8日のインテルアラート GESARAは軍事介入によって執行される。

アメリカでは大量起訴・逮捕、および法廷での裁判が行われる予定だ。

イギリスでは解体が、北アイルランドとスコットランドから始まる。

カバールは全世界で完全に一掃されるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

img024img025

img026img026img026

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

img027

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

img006

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Comments are closed.