Home4.社長の話題3.紹介したい事柄 › 情報社会だからこそ。

情報社会だからこそ。

2019.01.17
新潟県とも関係の深いグループ内での暴行事件について脳天気な発言をした知事。新潟県を拠点とするNGT48のメンバーが住むマンションで引き起こされた暴行事件に関し、同県の花角英世知事は1月16日、事件によって「NGTの存在がより世に知られるようになったのは事実」と語り、批判されている。

この花角知事は2018年6月に行われた選挙に自民党と公明党の支持を受けて立候補、立憲民主党などが推薦する池田千賀子を破って当選した。同年4月に出た週刊文春の記事で当時の知事、米山隆一が辞職、それを受けて選挙は実施されている。

新潟県は原発が集中している県のひとつだが、米山は東京電力の柏崎刈羽原発をの再稼働させることに慎重な姿勢を示し、県独自で福島第1原発事故などの検証作業を進めていた。

池田は原発の再稼働に反対、森友学園や加計学園問題に対する安倍晋三政権の対応を批判していたが、花角はこうした問題への考え方を表明していない。立候補の直前、花角は国土交通省の海上保安庁次長だった。

花角は会見で「正常な状態に戻ってほしい」とも口にした。「騒ぎ」が早く収まって欲しいということだろう。

この「騒ぎ」の原因はNGT48メンバーに対する暴行事件。昨年(2018年)12月8日午後9時ごろ、メンバーの山口真帆が自宅の玄関先で男から顔をつかまれて押し倒されそうになるなどの暴行を受け、その事件に対する会社側の対応に不審を抱いた被害者である山口が1月8日に動画配信やツイッターで事件を明らかにしたため。

この自宅とはオートロックのマンション。彼女は廊下に人がいないことを確認して自分の部屋へ入りかけたとき、部屋へ侵入しようとする男が現れてもみ合いになり、その間に別の男が前の部屋から現れたという。そのときにエレベータの音がし、それに男たちが気をとられた瞬間に廊下へ本人も飛び出し、その様子をうかがっていた彼女の友人が警察や信頼できるスタッフに連絡したと言う流れだ。

暴行に加わったのは「新潟市内の無職の男性と同居する大学生」。9日に新潟県警はふたりを逮捕したが、新潟地検は28日、両名とも不起訴にした。

当初、ふたりは山口のファンだとされたが、実際は別のメンバーと親しかったことが判明する。しかも「​捜査関係者によると、今回の事件が計画的な犯行だったことが分かっている。​」という。突発的に起こったのではなく、襲う目的でオートロックのマンション内へ入り込み、女性の部屋へ押し入ろうとしていたのだ。それでもふたりは不起訴になった。

会社側の対応も不自然。デイリー新潮に登場する芸能担当記者によると、「​山口さんが動画を配信し、ツイッターを公開しても、NGTの関係者などは芸能メディアに『山口には少し精神的な問題がある』と、あたかも狂言であるかのように匂わせるなどしていました​」。

12月8日から1月8日、会社側には1カ月間の時間的な余裕があった。その間に問題を処理すれば事件は表面化しなかったわけだが、会社側は被害者の信頼度を低めて加害者を守ろうとした。情報が封印されることを前提に警察や検察は動いたと見られても仕方がないだろう。ところが会社側が「後手に回って」もみ消しに失敗した。

情報の封印に失敗したことから会社だけでなく、警察、検察、そして週刊文春の責任が問われる展開になっているのが現状。この人たちには隠さなければならない何かがある、そう思う人が現れても不思議ではない。

もし山口が動画配信やツイッターで事件を明るみに出さなかったなら、計画的に山口を襲ったふたりは無罪放免、山口は精神的に不安定であるということにされ、「正常な状態」が続いて警察や検察の対応も問題にならなかった。週刊文春と襲撃グループとの関係も表面化せず、「文春砲」とやらでターゲットを潰し続けたのだろう。

ところで、「メンバーが黒幕」ならこうした流れにはなっていなかったはず。ある大きなシステムの末端で活動しているゴロツキの愚かな行為のため、そのシステムの存在が露見しかかっているのかもしれない。事件のもみ消しに失敗、そこで個人的な問題に矮小化するか、最悪の場合は何らかの形で口封じということもありえる。そう思われても仕方のない展開になっている。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

・ブログから。

CIAによるクーデター、要人暗殺、住民皆殺し作戦、電子情報機関の存在などが

アメリカ議会で明らかにされたのは1970年代だった。政府機関による犯罪的な行為が

明るみに出る過程で内部告発が果たした役割は小さくない。そこで1970年代の後半

から内部告発を難しくするようにシステムは変更され、「民営化」も進められた。

そして、メディアの内部からは気骨あるジャーナリストが排除されていく。それでも抵抗は消えず、内部告発を支援するウィキリークスも作られた。創設者のひとりであるジュリアン・アッサンジはアメリカの支配層に狙われ、2010年にスウェーデン当局が逮捕令状を発行したことからロンドンにあるエクアドル大使館から外へ出られなくなった。

話はふたりの女性がスウェーデンの警察でアッサンジにHIVの検査を受けさせられるか

相談したことから始まる。この訴えで逮捕令状が出され、スウェーデンのタブロイド

紙が警察のリーク情報に基づいて「事件」を報道して騒動が始まるのだが、翌日

には主任検事が令状を取り消す。レイプした疑いがあるとは認めなかったからだ。

しかし、その決定を検事局長が翻して捜査の再開を決める。その直後にアッサンジは

スウェーデンを離れた。逮捕令状の請求はその2カ月後のこと。2017年にスウェーデン当局は捜査を中止、逮捕令状を取り消すのだが、11年にアメリカは秘密裏にアッサンジを起訴していた​。これは裁判所へ提出された文書の中に記載されている。

アッサンジに逮捕令状が出る半年ほど前、ウィキリークスはブラドレー・マニング

(現在はチェルシー・マニングと名乗っている)特技兵から提供された映像を

公開している。その中には2007年7月、バグダッドでロイターの特派員2名を

含む非武装の十数名をアメリカ軍のヘリコプターが銃撃、殺害する場面を撮影

したものも含まれていた。

ヘリコプターの兵士は口頭で戦闘員を攻撃しているように報告しているが、映像を

見れば非武装の人間だとわかる。 だからこそマニングは内部告発したのだろうが、彼は

2010年5月、アメリカ陸軍のCID(犯罪捜査部)に逮捕され、17年5月まで収監さ

れた。 マニング以外にも政府機関の不正行為を告発した人たちはいる。例えば電磁

情報機関NSAの不正を明らかにしたウィリアム・ビーニーやエドワード・スノーデン、

イランへ核兵器に関する資料を渡してイラン侵略の口実を作るというCIAの危険な

作戦を組織内部で警告したジェフリー・スターリング、そしてCIAなどによる拷問を

告発したジャニス・カルピンスキーやジョン・キリアクだ。

カルピンスキーはイラクのアブ・グレイブ刑務所で所長を務めていたが、所内での

拷問が明らかになった後、2004年1月に停職となる。それに対して彼女はその

年の6月、BBCに対して刑務所内で拷問が行われていたセクションを管理して

いたのは軍の情報部であり、彼女は実態を把握していなかったと主張した。

刑務所内で撮影された写真については、兵士が独断で撮影することはありえないとも

指摘した。カルピンスキー本人も命令していない。

彼女によると、グアンタナモから来ていたジェオフリー・ミラー少将は拘束されている

人々を犬のようなものだと表現、そうした人々が自分を犬以下の存在だと信じさせる

ことでコントロールが容易になると主張していたという。2004年7月には、刑務所に

イスラエル人の尋問官がいたとも話している。

後にカルピンスキーは准将から大佐へ降格になった。

キリアクはCIAの元分析官。2007年12月にABCニュースのインタビューで、CIAの

同僚から聞いた話として、ウォーターボーディングと呼ばれる拷問が行われていると

語っている。それが問題になり、結局、2013年に懲役30カ月の判決を受けた。

スノーデンはロシアへ逃げ込む形になった。

権力者は庶民に知られたくない情報を隠す。その口実として安全保障がしばしば

使われるが、実態は犯罪的な行為の隠蔽。日本で成立した特定秘密保護法の目的

もそこにある。権力者が内部告発を厳しく取り締まるのは自らの悪事が露見することを

防ぐためにほかならない。そこで、「一罰百戒」ということで内部告発者を痛い目に

遭わせるわけだ。 かつて雪印食品の牛肉偽装を内部告発した西宮冷蔵の社長は

事業の継続が困難な状況になったというが、その理由は不正を告発するような会社

とは取り引きできないという会社が多かったからだ。AKSだけでなく、マスコミ、

警察、検察の闇に光を当てることになった女性も厳しい状況に陥っている。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Comments are closed.