Home4.社長の話題1.考え方・気持ち › ・昭和と平成と令和。

・昭和と平成と令和。

◎ 常識・善悪・価値観の変化と時の流れ。

☆自分の状態、昭和21年~。

1946年2月16日 ・戦後間もなくに生まれ、自給自足の様子。

1952年頃 (幼少期)・野山で遊び、寝て、川で魚を捕り焼いて食べて、自然界の自然児でした。

             雪山では山鳥の通り道に罠を仕掛けて捕獲して調理したご馳走でした。

          木炭車がいたことを覚えています。思えば戦後6年足らずでした。

1956年 ・母親に付いて出た初めてのバス旅行は婦人会の行事。東山動物園で、

  知らない男の人の背中に付いて行き、迷子になる所でした。(人が一杯居る事に慣れていない。)

  頼り甲斐のある大人やガキ大将や兄など、遊び仲間は大切な人です。憧れでした。(社会性の第一歩)

1958年 ・テレビを初めて観て、大相撲に夢中になって止められた。(子供の時の0目が充血した。)

     鏡里、吉葉山、千代の富士,朝潮の大相撲、皇太子の結婚式のパレードが思い出です。

     翌年隣の家が村でが初めての車を買った。自転車しかない時に「スバル360」が来た。

    (私の幼友達は小学生でしたが、運転をしていた。道は泥道)

1964年3月(高卒青少年期) ・仕事をやりたい一心で、卒業式の翌日から鈑金屋の見習いに入った。

   車が普及し始めた頃。鍛冶屋が車を直し始めたって聞いた頃。6年間辛抱して独立した。

1983年頃ベトナム戦争で人間性が失われた人のためにヒューマンポテンシャルムーヴメントが 起きた。

アメリカで始まり、日本では個人の能力開発に利用され、その影響を受けて自分にも追求が始まった

1986年1月1日 (40歳壮年期)・自分の殻を超えるとか、破る必要を感じて、インドへ旅に出る。

Scan10517Scan10529

1986年6月2日 ・午後4時大阪発韓国経由、ニューヨークへ出発。勢いのある若い内に見聞を得る

目的で。(2001年9/11のテロで崩れたWTSビルもこの時は健在で、最上階を見学しました。)

WTSビルの跡。img006img006img006

・ワールドトレーディングセンター(WTS)の最上階にあった展示物は弗札とアメリカ大陸の歴史。

img006img006img006

1988年1月7日・から、

   左眼負傷して入院した日。病床で見た小渕さん、平成が始まった日。一回目転換期。

  42歳の誕生日の前日に退院して、知花さんに会いに行き、その後、言われていた一つ目になった。

「二つ目で見て迷っていないで、一つ目で観る様にしなさい。」って。(現象に迷わないように)

1991年3月 地球環境の保全に協力しようとして休業を決意。

    その前にアジア大陸を見聞する。(シルクロードをたどれば、何か分かるかも知れない、って思う。)

(旧いインド、新しいアメリカ、大陸の中心にアジア、それらをその時は最小限体験するべきと思った。)

1991年6月9日・北京・シルクロード・ネパール・香港へ旅立った日。

        インドから日本へ旅の路を繋いだ計画を作成して実行した。ネパールでは郷愁を感じた。

1992年3月頃~。無限エネルギーの開発活動に巻き込まれて、離婚、休業、家族離散を体験。

・自分自身を見失っていた。仕事場以外(家庭・金・信用)を全て無くした時。

・自覚の再生を始めた時。(先ずは、自宅と工場を大掃除して、汚れた気持ちを追い出した。)

  今知った自覚とは・・・無我の事、自我、エゴは欲望の事、実在しない。自由自在の意識を自覚。

1994年4月 たった一人になって、残る人生目標を修業とし、事業を再開して普通の生活に戻った。

   (たった一人で金も信用も無くした所へ一人の若者が来てくれた。今も一生懸命に働いている。)

2006年12月18日~ロシア ハバロフスク市 空手道普及啓発。師範に付いて、その後数回訪問しました。

                           空手道・武士道・親愛の心などは強く感じました。

2011年7月16日 フランス ポー に娘が行き、お茶が縁で住む事になった。私も行って来た。

    バスク地方の文化は同調出来る気がした。隣の夜の町はスペインでしたが、柳ヶ瀬ブルースでした。

(陽気で楽しく賑やか、真面目で頑固で仕事一途、夜は酒場で大騒ぎ、南フランス・スペインの印象)

2016年7月(初老年期) ・脳梗塞で入院して以後、仕事と運転生活から離れた。二回目の転換期。

2019年 ・高齢者の世代になり、体験しないと解らない自分の心の事を改めて実感しています。

☆社会の状態。

1952年頃 ・木炭車が走り、砂利道の凸凹は道直しの荷車と梅吉爺さんがいました。

・板取村から遠足に来た時、岐阜公園でスクーターに乗った女性を見た事が新鮮だった。

・麦御飯の在った頃、白いご飯は美味しかった。車は珍しく、殆どは自転車でした。

・殆どの家庭の食事は自作の味噌煮や魚、寿司とかすき焼きは一年に3回、盆・正月・祭りの日。

・雪の50㎝以上積もった時、学校までの道程を親達が雪搔きをしてくれた。信頼が育まれた。

1955年 ・自由平等の権利と言う戦後教育を受けて、過去を軽く観る自惚れた気持ちになりました。

  今では明確に、自我とエゴの増長は、戦後の占領政策だったと思っています。自分達の前後から、

一学年毎に変化していきました。新しい事は良くて正しい様な常識でした。

1958年・父親がみんなの為に洗濯機を買って来ました。車とテレビはまだです。

  ( 世の中が車とテレビに浮かれ始めた時、真っ先に洗濯機を買って来た親父の心意気が在った。)

1964年 ・新幹線が走り、東京オリンピックがあり、日本の成長期の始まり。浮かれ始めた時。

1988年 ・事故車一杯直して、職人冥利に尽きていた。(自動車産業最盛期・働く事、利益上げる事)。

1918年 ・情報量の多い事、速い事、進化の凄い事は想像を超えています。

2019年 ・全ての事が混沌としていて、調和が必要な令和の時代になりました。

     ・ 最近の気になる状況・ゴミの散らかしポイ捨て、高齢者の悲惨な事故、子供達の被害、等々。

     ・ 清掃活動する人、マナーが良い事、子供を守る活動が盛んな事など、良い事も沢山あります。

     ・ 自我や欲望を増長させてコントロールする魔の世界と真の心の儘自由に生きる世界の選択肢。

★世界の様子。

昭和の時代。

1952年頃 ・東西・米ソ・冷戦に二分して、地球支配を進めた様子。

平成の時代。         ・天災・人災・自然環境の乱れが激しくなる。

                            ・1989年6月4日 ・天安門事件があり、2年後に現場に行きました。

  img028img0291989年11月 ・ベルリンの壁の崩壊。(昭和から平成へ。東西対立の壁を壊して世界の統一へ。)

1993年 ・マーストリヒト条約発効でECがEUとなる。

2000年 ・人間的欲望が飽和状態になって来ると心が寂しくなる様子

(真の幸せとは?とか、真理の理解自覚など、意識の自覚が大切な状況。)

2001年9月11日 アメリカで大きなテロがあり、一般には理解困難な闘いが表面に出て来た。

令和の時代。

2019年 ・これまでの常識、価値観、善悪の判断を見直す。

2019年 ・平和や調和を求める心が高まり、宇宙レベルの真理が必要となる

     ・地球の事、世界全体を考える人が多くなり、宇宙的意識・自覚・常識が深まる。

       ・戦争も含め悲惨な、事故や事件が多く発生すると、心底平和を願う心も強くなる。

       ・宇宙船、UFO,異星人、次元、などの話が珍しくなくなってきた。

       ・視野、心境、情報が、深まり広がれば、急所をより明確に把握しなければならない。

・6月13日 日本の安倍総理がイランを訪問中にホルムズ海峡でタンカーが砲撃を受ける。

(調和をして永遠に続く事が神の世界。破壊などの不調和を繰り返し消滅するのが魔の世界。) 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・宇宙は無限。

銀河系・7.銀河系・2.銀河系・5.

・夫々(人類)の生命体と文明文化。

・支配者と被支配者と自由人・地球人。

・地球(自分)の選択・意思・精神。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

気付く事・テーマ。

1・不動の順序に気付く事、理解する事、守る事。

2・道理に沿わない事は続かない。

3・真の自由になる・理解する。

4・戦争と平和、破壊と創造、苦しみと喜び、腐蝕と活動、悪魔と神・・・二元。

5・全ては愛、一切は空、己の心次第、活きる事は変化する事、神はひとつ・・・一元。

6・自分の今を、知る事が大切・・・。

7・経験、体験が知る事、理解する事、学ぶ事・・・。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

※令和元年6月3日   思ったこと。・・・自分達は100%の真実(愛)と99%の

                    自我(虚無)に生きている。気付いて喜ぶため,生きられる事は有り難い。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

★こんなブログの記事もあります。 2019・6/4。

ユダヤ人の中にもユダヤ教にあまり関心がない人もたくさんいると思います。
親たちがユダヤ教徒だから、自分もユダヤ人として扱われていると考えている
一般の若者も多いでしょう。そのような人たちは以下の記事は当てはまりませんが。
イスラエルや世界を支配しているエリートらは、一般のユダヤ人とは異なり、
タルムードなどの過激な思想を狂信する悪魔崇拝カルト教徒或はユダヤ教原理主義者で あり彼らは全人類を奴隷にし世界を支配することになる悪魔に仕えたいと考えている キチ害サイコパスです。 遥か昔から、こんな連中に世界(地球)が乗っ取られてしまっています。 世の中には、人間の姿はしているが悪魔(邪悪なエイリアン)に魂を奪われた人間もどきが いるものです。そういう連中が世界のトップに君臨し世界を牛耳っています。
※表の世界を支配する6家
・ロスチャイルド・・・カネ
・ロックフェラー・・・油
・モルガン・・・ゴールド(三菱のイワサキ、三井のダンと共謀しパール湾攻撃を
                実行させ巨額の富を得たとされる)
・デュポン・・・兵器
・ブッシュ・・・政治、ナチス
※しかし彼らは単に実行部隊であり、彼らの背後から操っている者(組織)がいる
  ようです。王族、バチカン、グローバル企業などもそうなのでしょうけど、
  製薬業界や医学界などは人体そのものを支配しています。
  結局は悪魔のETがほぼ全てを牛耳っているのでしょう。。。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・ワンドロップマガジン 渡辺衣泉深さん・・・

img032img030img030

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

img005img007

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◎こんなブログもあります。

イベント後に、多くの非常にポジティブな変化が起こります。

そうした変化の究極的なゴールが、地球が再び楽園の星になることです。

イベント後にファーストコンタクトがあり、ファーストコンタクト後に様々なポジティブな種族が

汚染を浄めるためのテクノロジーを与えてくれ大衆の目覚めのプロセスとなるでしょう。

このプロセスはすべて、地上にとてもポジティブな銀河社会を創り上げる事に繋がっています。

イベント後、特にファースト・コンタクトの後で、ポジティブなET種が彼らのテクノロジーを使って

福島の除染のみならず、地球上の生態系のバランスを回復させます。

優先順位のトップの一つが、放射能の除去、そして原子力発電所(福島だけでなく、チェルノブイリ

や他の場所も含めた、世界中の原子力発電所)に由来する様々な毒性物質の除去です。

それに続いて生態系を回復させますが、地球の基準からいえば、かなり迅速に行われます。

ファースト・コンタクト後、数ヶ月たった頃には、地球惑星の状態はかなりよくなっているでしょう。

彼らは進んだ技術をもっており、物質を完全にコントロールできるので、全有害物質を数秒の

うちに分解できるので、彼らにとっては問題ではありません。人類は正しい意識を持てるか、

そのような技術の受け入れに理解を示せるかが問題なのです。だからこそ、イベントとカバールの

排除を先にする必要があります。そうすれば、光の勢力がますメディアを通じて人々に情報を

流せるし、人々は理解を示し、そのような浄化のプロセスに積極的に関わるでしょう。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Comments are closed.