Home4.社長の話題1.考え方・気持ち › ☆ 本の紹介と未来を想う。

☆ 本の紹介と未来を想う。

2020年9月21日 1.考え方・気持ち,

☆この本は2014年10月28日(火)に読んだとメモしてありました。その2~3年後軽い脳梗塞をしたので

全く記憶にありません。しかし先月、大切な情報として興味深く、再度真剣に読むことが出来ました。

そして、少しでも多くの人にシェアしたくなりました。自分の60代までは経験と知識に基づいて一生懸命

やってきましたがそれは本当に部分的な事でした。何故なら、全てに無限の関わりが在るからです。

知ってる、出来るは有限ですが、知らない、出来ないは無限に可能性があります。

img009

☆「全てのものは原子でできている。」、量子力学、量子世界・・・そんな様な事は本当だと思います。

・根拠のない自分の、自己主張、自己中心、頑固、真面目、は妄想の死に体、崩壊に繋がります。

・逆に、受け入れる、認める、無我無私、良い加減、などは、将来性、生き甲斐、活力に繋がります。

・全てのものは調和・バランスに依って成っている、故に「和を以て貴しとなす。」は得心です。

img005  img006  img005  img009

☆物質的追求と精神的追求の選り分けをします。

・生きることは活動すること、変化すること。栄枯盛衰、物質は必ず消滅する事は事実です。

・不滅の精神を見いだすこと、それは愛(調和)、愛は不滅なり。生命も不滅なり。

・そして、心は平安になります。精神性の発達とはその様な事だろうか?。

   宇宙の法則・・・人間の基本的義務は精神性を発達させること。・・・と、決定。

・どんな事も認めて受け入れてから、自分で選択をする。経験して努力して進化していく。

・科学に限らず本来の学問は、人々の精神的発達を助けるべきものであり、心を解放するもの。

   観念や知識・経験・エゴなどに囚われてしまうと自獄です。退化する。・・・知恵に生きること。

img006    img005    img006    img005

・ピラミッドは現実にあります。モアイ像もあります。それらを詳しく教えてくれる教育はありません。

・過去と現在を知って、未来を想う事ができます。そして、過去も未来も果てしなく繋がります。

  即ち、無限と言う現実の中で、今と言う仮の現世を生きる時、認める事とこだわらない事が

  必要です。先ずは自由と我儘をはっきりさせましょう。自由意志と自由は完全です。

気象兵器は公然と言われ、矛盾だらけの原発も公然と残っています。しかもそれらは、過去の

  文明だと言われています。進化の法則は信じて行きたいです。精神性の発達しかありません。

img005   img005   img005

・地球における本当の危険は、第一に「お金」・第二に「政治家」・第三に「ジャーナリストと麻薬」

  第四に「宗教」ですって。それらの事は核兵器とは無関係です。人の死に様は生き様です。

  危険とか生き様は、在り方とか在り様次第です。自分の在り方が肝心です。

・人生は生き様が肝心。・美しい、楽しい、元気、明るい、軽い、は大切な方向性です。

・地球では、自分達が高度に進んでいると思っていますが、そうではありません。

  同じ事を人間社会で見かけます。それも殆どの人が争いの種を撒いています。

  文明の退化、意識の劣化、過ちなどに気付き、認めて、向上心・本能心で超えて生きる事が必要です。

・危険は未来の崩壊にあるのではなくて、今の・現世の人々の在り方、生き方にあります。

     img005                img005

騒音は身体の電子・アストラル体に損傷を与えます。

   心地良い音は波動を滑らかにして、嫌な音は波動を乱し体に傷を与えています。

・自由と言う宇宙的エネルギーと支配と言うエゴのエネルギーの間に、修業と進化があるかも。?。

   創造と破壊があると活動があり、調和と不調和の繰り返しの中でエゴの消化と修業が出来ます。

・化石燃料と経済と利権が密接ならば、フリーエネルギーは人間の精神と心の次元に関わると思う。

・知らないから誤る、知っていても間違える。感じる能力を大切にする。・・・殆どは物・欲に惑う。

・物・欲(肉体的執着・欲望など)を求めて、逆に搾取され、慣れるとそれを容認するようになり死を招く。

・精神界には光(明るい・楽しい・自由)があり、魔界には闇(物欲・支配欲)がある。…心の世界。

img006   img005

・子供の頃は村の中の部落が自分の世界でした。隣の部落は別世界であり、岐阜市は都会でした。

  当時は空に星が満天で、天の川も良く見えていました。地球の外は思いようがありませんでした。

  高校の模擬試験のためにバスで岐阜市に出てくると、ガソリンの排気ガスで吐き気がしていました。

  あれから60年が経ちました。 そして今74才、様々な見聞と経験から全てが無限に関わっていると

  思っています。今は無限がテーマです。直感と感覚が頼りです。自分の殻を破る事です。

無限の世界に生きる、無限の存在の自分が今・此処に生きる。ー死と再生は自然の秩序です。

・人の本来の姿は自由です。エゴ・執着から解放する事です。大切にする心と執着心の違いもあります。

        img005        img005        img005

・モーセもイエスもファラオもオウリキも戸来村も出エジプト記も複数見聞きしていて興味深いです。

  フランスのポーで出会った人が青森県新郷村の出身でオウリキやイエスのお墓の事を話していました。

  何が自分にとって大切なのか、自分で考えるしかありません。体験するしかありません。

・ティアウーパ星から、地球のためにイエスが二人送り込まれたと言う話に私は頷きました。

img006    img006     img005

☆地球人を二つに分けて考えてみます。

・地球に純粋に素直に生まれ育った生命体の現れと。

・地球をエゴと物欲で利用している生命体とその支配下にある者。

以上の二大エネルギーが限界を迎えている様な気がします。その中を、

無我無心、不動の精神が通り過ぎて行くと思います。空が原点、意識で始まる。

耳にする世界情勢はややこしいですが、きっと真理、真実があると思います。

自己中心なゴミの投げ捨ての心、言うだけの姦しい存在など他人事には出来ない現実です。

そんな中で、自分の向上心の努力しかありません、覚悟はします。

・利己的利益追求の資本家がクリーン・モーター及び環境保全を妨げているけど、各自の自覚も必要。

・人間の自業自得の環境破壊もあるけど、どっこい地球も自然も生きている。

img005       img005

知らない知識、気付けない危険は沢山あります。

自分は、嫌なものは嫌、良い物は良い、と感じられるように、努力を続けたいと思います。

img007   img006

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・自家製の考え方とは観念の事で最も危険だとおもいますが、現実にはその世界にいます。

   そこで、精神世界も学び、社会情勢も学び、四苦八苦しながらも道をもとめます。

・全ての存在を可能にするもの、それがエネルギーである。私はエネルギーである。

  自家製の考え方や価値観を超越して、自由になりたいものである。真理だと思うから。

・ エネルギーの振舞いを理解すること。そして後考える。・・・それが自由意志、そして自然。

    理解することは、認める・受け入れる、調和するなど。

☆宇宙の形態化作用の相反する両極とは、物質的/肉体的世界と精神世界の事。源はエネルギー。

img008     img008

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・持続可能な方法とは、どんな事も未来に向かっています。その逆はその場凌ぎと言う。

img013

・出来る限り深く、広く知らなければなりません。全てが自分に関わっています。

img015

・数年ぶりに相撲をゆっくり観戦しました。裸でぶつかる、待った無し、楽しい、やる気が出る。

img016

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Comments are closed.