Home4.社長の話題1.考え方・気持ち › ☆真理と事実。

☆真理と事実。

・以下は知花敏彦氏の著書「世紀末を救う意識改革」からの抜粋と私の体験からです。

昭和63年12月、恩田さんから知花さんの講演テープを貰いました。タイトルは「光明思念闇思念」

内容に引き込まれて、カセットテープで朝から晩まで繰り返して聞いていました。

そして、1月6日午後3時頃仕事中に左目を打って県病院へ入院しました。左眼眼球破裂でした。翌朝7日に

小渕恵三官房長官の発表があり平成元年となった事をベッドで聞きました。昭和天皇が亡くなられました。

その時、眼球を縫い合わせた糸が、目の中で動くと痛かった事を覚えています。40日間入院して2月16日

退院した日が42才の誕生日でした。強烈な体験のせいなのか失明した割に嬉しいばかりで元気一杯でした。

(1月7日~2月15日真冬の40日間の異常な入院生活の内容です。・・・朝5時半に起きて地下へ行き、

水槽に水を貯めます。それから11階まで駆け上がり屋上で空手の型を繰り返しやって、身体を温めます。

時々粉雪が降って来ました。暖かくなったところで、地下へ降りて水風呂に浸りスッキリしたところで

ベッドに戻り寝たふりをしたところで朝食が運ばれて来て,みんなと一緒に食べました。それから西垣さん

と言うおじいさんと屋上へ行って、両手を合わせ朝陽を拝んでいました。

昼間は雑用したりベッドでごろごろしていて、夕方になると心に浮かんできたことを便せんに書き留めては

整理していました。それが始めは6時間の間隔だったのが、段々短くなってそのうちに夜通し起きて居ても

平気でした。ある時の昼間ベッドに横たわっている時、あれ!自分の身体はどうなった・・・って、

身体から解放された感覚になった事もありました。そしてついにはそれらをまとめると

中心と言う言葉になり、大切に保管しました。2月⒖日の夜、何時もの様に書き物していると看護婦さんが

「早く寝なさい!」って、注意しました。この事も今更っていう意味で意味深でした。)退院した当時、

家に戻ると子供達や嫁さんや遠くから来る車からも、エネルギーの流れを感じる事が出来ました。

そして、世話になった皆にお礼を言いたくて、知花さんにも会いに清里まで行きました。その時聞いた

知花さんの体験談です。「内なる自分に気付いた時は、感動して雨戸を締め切って大泣きしました。」

とか、「ピラミッドの秘密も時期が来たら話します。」と言って貰いましt。又サイババさんのフーチも頂きました。

それから、暫くして清里で真理の講演が始まり、沖縄など遠方からも人が集まって来るようになりました。

その頃、自分に言われていた事は「二つ目で迷っていないで、一つ目で観なさい。」でした。

そして33年経った今、世界情勢も地球も大変な時、ようやく意味を考えるようになりました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・著書からの抜粋。

img011img011

・知花さんが真我を実感した時は歓びの感動があり、大声で泣いたそうです。

その時は、近所に聞こえる事を気遣って雨戸を締め切った、と言っていました。

   .img008img010

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・本に書いてあった事ですが、知花さんの過去生はトートで、ピラミッドはトートが建造したものであり、

宇宙の法則を示しています。そして原点が調和で全ての説明には納得します。

img002

 

 

img004

・「色即是空」を受け入れ宇宙法則を認めると、自分と言う個我はその後の結果となります。

全我を真我として自覚し、見えない世界も認めなければなりません。即ち、自分の心や意識に

注意して生きることが大切です。考えや判断だけに囚われず、感じる事が大切になりました。

img007

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

img012img013

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

img015img009img016

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・自分のレポート。

   全ての動植物鉱物には中心が在り、中心にエネルギーが在り、質量と調和して初めて

見える存在になると言う知花さんのお話を受け入れる事はできます。

自分で悟る事は出来ません。その為には自我を克服しなければならないと考えます。

宇宙意識と言われる真我を悟らなければ、自分勝手な自我の儘だと言う事です。

その事を無知とか偽我とか迷い人とか言います。

世界の政治の矛盾、戦争、環境破壊の自殺行為などは全て他人のせいにしていては

解決出来ません。何故なら調和だけが実在だからです。

この世(物質界)は自我を克服するための貴重な世界です。

昭和21年2月に板取村上ヶ瀬に生まれた私には野山と魚の居る川と空に輝く天の川が

全世界でした。75才になった今,自分の正当化や他との分離感が間違いだと知って、

全世界が自分だと気づくことが必要だと思うようになりました。 2021・9/10.3:45。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆自分が感謝を感じるかけがえのない出来事。

・母親の頑固と見えない世界からの援助を感じて感謝している事。

高校二年の冬休み最後の日、翌日は三学期が始まります。冬の夕暮れ終車が

来る頃に雪が降り始めました。雪で遅れたバスは学校をサボる口実になりました。

バスをやり過ごして居間で寝ころんでいると、様子を見に来た母親が一喝

「何をしとるか!」、追い出された勢いで山道を40分程歩いたら、バスがスリップして

止まっていました。

私が乗ると待っていた様に動き始め岐阜までノンストップで走りました。

45キロメートルあります。歩けば朝まで掛かったかも知れません。その時はそれ程

考えませんでしたが、思い返すと、不思議で有り難い出来事でした。生涯の感謝です。

                                 (ずるい事は絶対するな。!)

・五感をはなれて無我無心は只感謝元気・・・。

知花さんはこの時の事を覗き見だと言っていました。

18歳で自動車板金業に見習いして24歳で独立して空手も始めて、その事に全力

出して41才11ヶ月、1月6日午後3時頃、工場には事故車が一杯あってそれを

次々と修復して、「職人冥利に尽きるなぁ~」って言った矢先、左眼に強い衝撃を

受けました。早速心に保険をかけました「片目で突きや蹴りをやったら面白い」って。

セドリックのトランクを外したヒンジの先端が跳ねて、左目を直撃して破裂しました。

眼球を縫い合わせて後はじっとしているだけ、脳に近いからデリケートです。

数日して微かなリズムの音を聞いて見たけど痛かったです。

しかし、そんな体験は自分を元気に強くしてくれました。見えない部分を感じる事も

出来ました。それは一時的な体験で覗き見です。今も学びつつあります。

                              (我は愛なり生命なり 愛に帰る愛なり。)

・この世を超えろ・・・そんな意味にとらえています。

69才の夏、日本空手松濤連盟の全国大会に参加しようと頑張っていました。

一日の仕事を終え、空手の練習をして、ジムでヨガをやり、サウナに入って、

帰りの車に乗った所、視野が狭くなって治まりません、強引に走り出しました。

気を失って気付いたら救急車でした。途中で大きな事故も無く感謝です。

軽い脳梗塞でした。そして日常が変化し始めました。

 

月日は過ぎて、今75才で後期高齢者の区分けに入りました。

生老病死・色即是空を受け入れて、社会の変化、世界情勢の大変動を認識しても

意識を明確にして生きて行かなければなりません。

                         (自我・個我は妄想、全我が真我。)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆真理を語る言葉。

・月刊誌「致知」より。

  「  天に星   地に花   人に愛  」

・友人からの文章。

人はあるがままで良し!

松果体が完全に開くと消宇宙に帰る、この世にいる意味がないし、

それより、どんな時も幸せと思う心(波動)が大切だと思う。

神の心をどんな時も汚してはならないと思う。

肉体は感情あり、(植物も感情あり)、魂は感情ナシ(宇宙は無)。

宇宙は大元で、愛と調和。神は人間の集合意識が創り出したもの。

だから、神=人間(我神なり)、魂の成長の為にここに来た、体験しに。

地球にいる事だけで素晴らしい事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

img018

Comments are closed.