Home1.会社の情報 › ☆ブログの歴史、その1。2011年11月から。

☆ブログの歴史、その1。2011年11月から。

・2011年11月。柴又帝釈天。 ・紅葉。

IMG_0001P1040339

・社内旅行・三宅島へ。

P1040264P1040266P1040267

P1040319

P1040281P1040289P1040275P1040295P1040273

P1040306

・山紫水明、板取川と松谷洞。

P1040256P1040260P1040242P1040249

・修理中を紹介します。

引き出しながら、取り除いて行くと破損箇所が良く見えてきます。

P1040198

。安心して走行出来る事に、自信を持って完成しなければなりません。

P1040201

・エンジンも・・・。これは珍しいかと思い載せました。心臓です。

P1040206

・エゴの自覚。

IMG

・有里と歩いた熊野古道。

P1000884P1000854

・職人人生の一部、パネルの腐食修理。

P1020445P1020457

・道をもとめて、現実の世界を思考する。

負けるが勝ち・・・・・と言う事も有り。

君子危うきに近寄らず・・・・も有り。

賢い人は、争いを避けて、更に生き残る道を進む・・・という道も有り・・・・・です。

 

・神の領域。2011・9・23・(金)。

   自然の中で静かさ、雄大、無限に深く、強い、生命力、神秘を受ける。

P1040036P1040063_thumb

 

P1040026

yuliaは、「この気高い山の写真を是非写して下さい。」と言いました。

        岐阜の伊奈波神社では「この場所にもっと居たい。」  とか、

       「また、日本に来れますように・・・って、お祈りしました。」とか言って

日本の風土を喜んでくれました。

ロシアでは、おばあちゃんとおかあさんが 、日本へ行くことを心配して、泣いていたそうです。

ちなみに、私の娘のYURI(有里)はフランスのPAUへ行って,今仕事をやり始めています。  

・中津川の街道と金華山、どちらも日本人の心の故郷です。

 P1040003P1040021P1040008

P1030973P1030977

・仕事に生きる男の世界。小型トラックのミッションの付け替えとクラッチの交換です。

P1030872P1030869P1030874

EKワゴンの前周りを鈑金、修正、切除して中古部品を組み付けしていきます。

P1030864P1030884

 

・出会いと縁を大切に生きる・・・感謝、喜び、希望、元気。・・・・・・活かすべき宇宙エネルギー。

IMG

IMG

IMG_0001

IMG_0001

・社会で参加、活動できることは嬉しいし有り難いです。

レスキュー2例 その1

P1030858 この車は会社のすぐ近くの、農道で出会い頭に衝突しました。見通しは

良く、スピードも20~30キロ位の所ですが、タjミングと当たり箇所の相乗効果でお互いに

大破したと思います。

前方に気を取られていて、左右はフロントピラーが死角になった状態で全く無防備に

ぶつかってしまったと想像できます。事故の直後にたまたま私が通りかかり、救助が必要

かもしれないと様子を見に行くと偶然にも懇意にしている近所の人でした。相手の車も

田んぼに落ちてかなり大破していました。中で奥さんが苦しんでいて、救急車を呼んで

いました。こちらもエアーバックのショックで苦しそうでやはり救急車で検査にいきました。

そして現場検証が終わるのを待って、運搬車で搬送しました。

余談になりますが、相手の方の息子さんが見えたらなんと私の顔見知り、更に彼の奥さん

は家の社員の奥さんと友達だったのです。相手の方は名古屋の人なのに・・・信じられない

程の偶然の重なりも有りました。また事故の原因には異常な暑さのせいもあったと思います。

ちなみにこの車は全損扱いで保険処理します。残った事故車は我が社で買取り、どのように

活かすか思案中です。

その2

P1030857 この車は鍵の紛失で移動できないため、レスキューに出動しました。

ハンドルが右にいっぱい切れたまま、移動して積載車に乗せる事に苦労しました。

右ドアのキーシリンダーをはずして、キーナンバーを確認して、新しいキーを注文します。

数日の制作日数が必要です。普通のキーならすぐに出来ます。

このドライバーは大掃除をして、ごみを処分する時に鍵を亡くした事から、これ以上探す事を

諦めました。予備のキーもありませんでした。

最近は緊急でも、休日や時間外に作業をお願いする事は、困難な場合が多いと思います。

この日は丁度と都合よく居たから良かったです。ちなみに日曜日の夕方でした。

 

・老人農園やっています。自然とのやり取りも欠かせません。

作物は於かれた条件の中で、花を咲かせ、実を生らせる事が全てです。それがどうなるかは

いろいろです。ゴボウと豆と芋、みょうが、おくら、などはしっかり育ちました。

生命と環境と言う事では人間も同じだと思いますが、人間には知恵と自覚が備わっていると

考えます。一生懸命生きて、喜んでもらえたら幸せだと思います。

P1030850P1030852

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Comments are closed.