へこみ・キズ修理

修理の作業工程

鈑金作業

引き出し・叩き出し

裏から鋼板を引き出しながら、鋼板の飛び出している部分をハンマーで 丁寧に叩き出して、へこみやゆがみを直していきます。 鈑金作業は熟練の技術が必要な、とても難しい作業です。 長年の経験を生かして完璧に仕上げます。


塗装作業

1.色の確認

車種・カラーごとに用意されているサンプルカラーのパネルを、太陽光もしくは人工太陽の光の下で車体に合わせて、そのサンプルカラーの中から一番車体のカラーに近い色を選びます。


2.調色

さきほど確認した色に合わせてベースの色を調色した後、調色器を用いてさらに何種類もの色を調合していき、一台一台の車の状態にぴったり合った塗料を作ります。


3.塗装

パテ塗りをして凹凸をなくし、サーフェイサーを縫ってさび止め処理を施した後、塗装するパーツにマスキングをして、さきほど調色した塗料をほこり防止のための塗装専用のブースの中で丁寧に塗装していきます。


4.乾燥

2〜3時間ほど自然乾燥させた後、強固な塗膜を形成するために専用の乾燥機を用いて熱を与えながら乾燥させます。


5.みがき作業

やすりで表面を整えた後、研磨剤とスポンジを用いて表面をピカピカに磨きあげます。塗装したパーツと隣接したパーツの景色の映り方を太陽光の下で比較しながら、同じ状態になるまでしっかり肌を合わせて、違和感のないよう仕上げます。


6.完成

修理の作業をすべて終えたら、最後に作動確認と洗車を行って、万全の状態にしてからお客様に納車いたします。



ページトップへ